美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も取りとめもなく年齢肌対策の事を綴ってみました。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は細胞同士の間に多く含まれていて健康な美肌のため、保水効果の持続であるとか衝撃を受け止めるクッションのような効果を見せ、全身の細胞をガードしています。

しばしば「肌のためには化粧水をケチらない方がいい」「豪快にバシャバシャとつけるのが一番」などと言いますね。明らかに洗顔後につける化粧水の量は不十分な量より多く使う方が満足のいく効果が得られます。

セラミドは肌の角層内において、細胞と細胞の間でスポンジのような役割で水や油分を抱えている細胞間脂質の一種です。皮膚や髪を美しく保つために欠かすことのできない機能を持っています。

肌がてかてかしがちな脂性肌の人、水分量が不足しがちな乾燥肌の人、そして両方の悩みを併せ持つ混合肌の人もたくさんいます。各々に合った保湿化粧品が販売されているので、自身の肌の状況に合っているものを見定めることが必要になります。