美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も突然ですがマイナス5歳肌対策の事をまとめてみる。

今日では技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分を問題なく取り出すことが可能な状況となり、プラセンタの多彩な作用が科学的にきちんと立証されており、更に詳細な研究も行われているのです。

しばしば「化粧水はケチらない方がいい」「たっぷり贅沢につけた方が肌のためにもいい」という風に言われていますね。間違いなく使用する化粧水は少量より十分な量の方がいいかと思います。

コラーゲンという化合物は伸縮性に富む繊維性タンパク質の一種で細胞をしっかりとつなぎとめる役目を果たしますし、ヒアルロン酸という化合物は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を予防します。

洗顔料で顔を洗った後は時間をおくと化粧水の保湿成分が肌に吸収される割合は低くなります。また洗顔料で顔の汚れを落とした後が一番乾燥が進んだ状態になるので、短時間のうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水を塗らないと乾燥が進みます。

高い保水力を持つヒアルロン酸が真皮の部分で水を大量に維持してくれるから、外側の環境が様々な緊張感や変化によって酷い乾燥状態になることがあっても、肌は大きなダメージを受けることなくツルツルした手触りのままの綺麗な状態でいることができるのです。