美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

今日もいまさらながらマイナス5歳肌を保つケアの要点を綴ってみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

美容成分であるヒアルロン酸は細胞と細胞の間の組織に広範囲に存在し、健康な美しい肌のため、高い保水能力の維持とか弾力のあるクッションのような効果で、壊れやすい細胞をガードしています。

肌への薬効が皮膚の表面部分のみではなく、真皮部分にまで到達することが確実にできる非常に少ないエキスとして評価されているプラセンタは、皮膚表面の古い角質の剥離を活性化することによって健康的な白い肌を作り上げてくれるのです。

化粧水を顔に塗布する際に「手で押し込む」派と「コットンの方がいい」派に分かれるというのをよく聞きますが、この問題は基本的にはメーカー側が提案している最適な方法で継続して使用することを奨励しておきます。

化粧品選びに困る敏感肌や水分量が不足しがちな乾燥肌で悩みを抱えている方に大事なご案内です。あなたの現在の肌質を更に悪化させているのは可能性の1つとしてですが現在お気に入りの化粧水に入れられている何らかの悪さをする添加物かもしれません!