美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も突然ですがいきいき素肌を作るケアの事を書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

プラセンタが化粧品や健康食品・サプリに配合されていることはよく知られた事実で、新しい細胞を作って、新陳代謝を良くする薬理作用により、美肌と健康に大きな効果を十分に見せているのです。

プラセンタという単語は英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を指します。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでこの頃よくプラセンタ入りなど目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを指しているのではないのでご安心ください。

プラセンタとは英語で言うところの胎盤を意味しています。化粧品や美容サプリメントで最近頻繁にプラセンタを贅沢に含有など目にしたりしますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを示すのではないので心配無用です。

1gで6リッターの水分を保有することができるという優れた保水力を持つヒアルロン酸は、人間の皮膚を始め色々な部位に幅広く分布しており、皮膚の中でも特に真皮と呼ばれる部位に多量にある性質を持つのです。