美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

なんとなーく若々しい素肌になるケアについての考えを書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は細胞同士の間に多く含まれていて健康な美肌のため、保水効果の持続であるとか衝撃を受け止めるクッションのような効果を見せ、全身の細胞をガードしています。

基本的に市販されている美肌化粧品や健康補助食品に配合されているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが利用されています。安全性が確保しやすい点から考えても、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが現在のところ一番安心です。

化粧水というものにとって大事な役割は、水分を浸透させることと思う人も多いですが、それ以上に、肌がもともと持っている自然なパワーがうまく活かされていくように、皮膚の表面の環境をチューンアップすることです。

保湿の重要ポイントは角質層の水分量に他なりません。保湿作用のある成分が贅沢に添加された化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補給した水分量が失われないように、乳液やクリームなどを使って最後にふたをして水分を閉じ込めましょう。