美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も気が向いたのでマイナス5歳肌を保つ方法をまとめてみた

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

コラーゲンの薬効で、肌に若々しいハリが再び蘇り、顔のシワやタルミを健全に整えることができますし、なおかつ乾燥によりカサカサになったお肌に対するケアにも効果的です。

最近注目されているプラセンタが化粧品や健康食品・サプリに有用な成分として使われているのは広く知られていることで、新しい細胞を作り、新陳代謝を活発化させる薬理作用により、美肌や健康維持に高い効果を発現させます。

もともとヒアルロン酸とは人間の体内の方々に広く存在している、ヌルっとした粘性液体を指し示しており、生化学的な言い方をするとムコ多糖類の一成分と解説できます。

「美容液は価格が高い贅沢品だから潤沢にはつけられない」との話も聞こえるようですが、肌の大切な栄養剤である美容液をケチって使うなら、初めから化粧品そのものを買わないことにした方が、その人にとっては良いとさえ思ってしまいます。