美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日もなにげなーく美しさを作る対策の要点をまとめてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

肌に備わっている防護機能で潤いを残しておこうと肌は奮闘しますが、その優れた作用は歳とともに衰えていくので、スキンケアを意識した保湿によってそれを与えてあげることがとても重要です。

美白ケアに集中していると、何とはなしに保湿が肝心であることを失念してしまったりするのですが、保湿もしっかりするようにしないと望んでいる効果は現れなかったなどということもしばしばです。

身体の中のあらゆる部位において、休むことなく古くなったコラーゲンの分解と必要に応じた新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、ここで保持されていた均衡が崩れることとなり、分解の比率の方が増えてしまいます。

プラセンタという単語は英語でPlacentaと表記し胎盤を示しています。化粧品や健康補助食品などで頻繁にプラセンタ高濃度配合など目にしますが、これ自体器官としての胎盤のことを指すわけではないから不安に感じる必要はありません。