美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

気が向いたので若々しい素肌になるケアの要点を調べてみる

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

化粧水を浸透させる際に目安として100回掌全体でパッティングするという指導をよく目にしますが、このような方法は正しくありません。季節要因などで肌が敏感になっている時には毛細血管が刺激され俗に「赤ら顔」と言われる症状のきっかけとなることもあります。

セラミドは皮膚の角層内において、細胞間にできた隙間でスポンジみたいな働きをして水分と油分を保って存在している細胞間脂質の一種です。肌だけでなく髪の潤いの維持に大変重要な役割を果たしています。

注意すべきは「汗がうっすらとにじんだまま、あわてて化粧水を顔につけない」ことなのです。汗の成分と化粧水が一緒になってしまうと肌に深刻な損傷を及ぼすかもしれません。

保湿のキーポイントは角質層の十分な水分量です。保湿成分がふんだんに添加された化粧水で角質層に水分を与え、プラスした水分量が飛んで行かないように、乳液とかクリームなどを活用して油分のふたをします。