美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

何気なく美肌になる方法をまとめてみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

注意していただきたいのは「たくさんの汗がふき出したまま、特に何もしないまま化粧水を顔に塗ってしまわない」ようにすることなのです。汗とともに排出された老廃物と化粧水が混ぜ合わされてしまうと大切な肌に影響を与えてしまう恐れがあります。

美容関連の効果を狙いとしたヒアルロン酸は究極の保湿効果を製品コンセプトとしたコスメや健康食品に効果的に利用されたり、非常に安全性が高いためヒアルロン注射という治療法としても広く用いられているのです。

有名な美容成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに作り出される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水分を保持し、細胞の一つ一つを接着剤のような役割をして接着させる作用を有する成分です。

ヒアルロン酸は赤ん坊の時がピークで、30代を過ぎると一気に減少し始め、40歳を過ぎると赤ちゃんの頃と比較すると、50%ほどに減少してしまい、60代では相当減少してしまいます。