美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

得した気分になる?美肌を保つケアの情報を書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

肌への薬効が表皮のみならず、真皮まで至ることが実現できる希少な抽出物と言えるプラセンタは、表皮の代謝を助けることによって健康的な白い肌を作り出すのです。

化粧水の使い方に関しては「化粧水は少しずつ使うものではない」「浴びるようにバシャバシャ使用するといい」という表現を聞きますね。それは確かなことであって使用する化粧水は十分とは言えない量より十分に使う方が肌のためにもいいです。

現在は抽出技術が進み、プラセンタの中の有効成分を問題なく取り出すことが容易にできるようになり、プラセンタの持つ様々な働きが科学的にきちんと証明されており、より一層詳しい研究も実施されています。

大昔の美人として後世に伝えられる女性達がプラセンタを美しさに磨きをかけることとアンチエイジング効果を得るために使用していたことが記録として残っており、はるか昔からプラセンタが美容に大変有益であることがよく知られていたということが感じられます。