美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

ヒマをもてあましてつやつや素肌を保つ対策を公開します。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドは肌を潤すといった保湿能のアップや、肌水分が失われるのを防いだり、周りからのストレスとか汚れや細菌などの侵入を阻止したりするなどの役割を持っているのです。

よく聞くプラセンタとは英語表記ではPlacentaで胎盤を意味しています。化粧品や健康補助食品などで近頃ひんぱんに話題のプラセンタ含有目に入ることがありますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことを示すのではないから不安に感じる必要はありません。

現時点に至るまでの研究で得られた知見では、プラセンタエキスにはただの栄養素としての豊富な栄養成分のみにとどまらず、細胞分裂の作用を巧みに調節する作用を持つ成分が元来入っていることが発表されています。

保湿のキーポイントは角質層の水分量です。保湿効果のある成分が贅沢に添加された化粧水で角質層の奥まで潤いを届け、補充した水分量が蒸散しないように、乳液やクリームなどを使ってオイル分によるふたをします。