美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も気が向いたのでつやつや素肌を保つケアについて綴ってみた

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

セラミドは肌に潤いを与えるような保湿性能の改善とか、肌から水が蒸散してしまうのを確実に押さえたり、外界から入る刺激あるいは細菌の侵入などを阻止する作用をしてくれます。

美容効果をターゲットとしたヒアルロン酸は、保湿効果の高さを基本方針とした化粧水のような基礎化粧品やサプリメントなどで有益に使われたり、危険性ほとんどない成分なのでヒアルロン酸注入という美容整形外科でも活用されているのです。

お手入れの基本としてはずせない化粧水を肌につける時には、最初に適量を手のひらのくぼみに取り、体温に近い温度にするような意識を持って手のひら全体に広げ、顔全体に万遍なく柔らかなタッチで馴染ませて吸収させます。

効果的と言われる高機能成分セラミドは、ターンオーバーの過程で作られる“細胞間脂質”を指し、3%程度の水を抱き込み、細胞同士をセメントのような役割をして固定させる大切な働きを行っています。