美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日も突然ですがきれいになるケアについて調べています。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

セラミドは皮膚の角質層内において、角質細胞と角質細胞の間でスポンジみたいな働きをして水と油分を閉じ込めて存在する細胞間脂質の一種です。肌と髪の毛を美しく保つために必要不可欠な作用をしています。

洗顔料で顔を洗った後は時間がたてばたつほど化粧水の保湿成分の肌への吸収率は低減します。また洗顔料で洗顔した後が一番乾燥が進んだ状態になるので、即座に保湿できる化粧水を肌につけないと乾燥肌の悪化につながります。

水分保持能力のあるヒアルロン酸が真皮中で水を豊富に保有しているから、外側が変化やあるいは緊張感により乾燥することがあったとしても、肌は直接影響を受けることなく滑らかさを維持したコンディションのままで過ごせるのです。

コラーゲンをたっぷり含む食品や食材を毎日の食事で積極的に食べ、それによって、細胞同士がなお一層固くくっついて、水分をキープできたら、瑞々しいハリのある綺麗な肌が手に入るのではないかと推測します。