美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

?毎日ですが、美容関連の事をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

歳をとったり日常的に紫外線に長時間さらされたりすると、体内のあらゆる箇所に存在するコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり量が低下したります。こういったことが、皮膚のたるみやシワができるきっかけとなるのです。

皮膚の表層には、丈夫な繊維質のタンパク質で構成された角質層という膜で覆われた層があります。この角質層を形成する細胞同士の隙間を埋めるように存在するのが人気の「セラミド」という脂質の一種です。

プラセンタという言葉は英語でPlacentaと綴り胎盤を意味しています。美肌化粧品や美容サプリメントで最近よく今話題のプラセンタ配合目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを示しているのではないので心配する必要はありません。

古くは屈指の類まれな美しい女性とされ後世に語られる女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さを保つことを目論んで使っていたとそうで、相当古くからプラセンタの美容に関する有効性がよく知られていたということが理解できます。