美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

なんとなーくツルツル素肌を保つ対策について考えています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

化粧水に期待する大切な働きは、水分を補給することというよりは、肌が持つ本来のパワーがきっちりと発揮できるように、肌表面の健康状態を健全に保つことです。

たびたび「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「豪快に浴びるように使用するといい」という話を聞きますね。試してみると確かに使用する化粧水は少しの量より十分に使う方が肌のためにも好ましいです。

歳をとったり戸外で紫外線に長時間さらされたりすると、細胞を支えているコラーゲンは劣化して硬くなったり量が減少したりするのです。このようなことが、肌に硬く刻まれたシワやたるみが出現するきっかけとなるのです。

ヒアルロン酸の保水効果の関係でも、セラミドが角質層において有益に肌を守るバリア能力を発揮すれば、皮膚の水分保持機能がアップし、ますます弾力に満ちた肌を守ることができるのです。