美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日もなんとなくきれいな肌を作る対策の情報を調べてみました。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

体内に取り込まれたセラミドは分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚表皮まで行き届くことでセラミドの生合成が開始され、表皮においてのセラミドの生産量が徐々に増加するのです。

べたつきが気になる脂性肌の人、痒みを伴うこともある乾燥肌の人、そして両方の悩みを併せ持つ混合肌の人まで存在します。それぞれの肌タイプに対して合った保湿化粧品が販売されているので、自身のタイプに合っているものを探し出すことが一番大切です。

しばしば「化粧水を少しだけつけても効果はない」「浴びるようにたっぷりと使用するといい」なんて聞くことがありますね。試してみると確かに潤いをキープするための化粧水の量は控え目よりたっぷり使う方がいいと思われます。

毛穴をどうやってケアしているかを尋ねたところ、「収れん効果のある良質な化粧水で対応している」など、化粧水によってお手入れを実行している女の人は全部のおよそ2.5割程度にとどまることがわかりました。