美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

今日も何気なくピン!としたハリ肌を保つケアの要点を綴ってみました。

今日では技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分を問題なく取り出すことが可能な状況となり、プラセンタの多彩な作用が科学的にきちんと立証されており、更に詳細な研究も行われているのです。

加齢肌へのアンチエイジング対策としてはなによりもまず保湿と柔らかな潤いを甦らせることが最も重要なのです。お肌に水を多量に保有することで、角質防御機能がしっかりと作用するのです。

化粧水を吸収させる際に、100回くらい手で軽くパッティングするという方法も存在しますが、このような方法はやめておきましょう。肌が過敏な状態の時には毛細血管が傷ついて「赤ら顔」という状態の呼び水となります。

肌への働きかけが表皮のみにとどまらず、真皮部分まで到達することが確実にできる非常にまれなエキスであるところのプラセンタは、皮膚表面の新陳代謝を活発にさせることで健康的な白い肌を呼び戻してくれるのです。

セラミドは肌の潤い感のような保湿の能力を改善したりとか、皮膚より水が蒸発してしまうのを蓋をするようにして防いだり、外側からのストレスや細菌や黴菌の侵入を阻止したりするような作用をしてくれます。