美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

本日もなんとなくつやつや素肌対策の要点を綴ってみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

肌の表面には、硬いタンパク質からできた角質層と呼ばれる膜が覆うように存在します。この角質層を構成している角質細胞の間を埋めるように存在するのが話題の「セラミド」と呼ばれるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。

セラミドを食べ物や健康食品・サプリメントなどの内部からと、化粧水や乳液などの外部から体内に取り入れることにより、効率よく健全な肌へと誘導するということが可能だといわれています。

コラーゲン不足になると皮膚の表面は肌荒れのようなトラブルが誘発されたり、血管の壁の細胞が壊れて出血しやすくなる事例も多々見られます。健康な毎日を送るためには必要不可欠な物質といえます。

皮脂の分泌が普通より多い脂性肌の人、潤いが不足しがちな乾燥肌の人、更に両方を併せ持つ混合肌の人までもいます。各々に合った保湿化粧品が揃っていますから、あなたの肌のタイプに確実に合った製品を見定めることが要されます。