美容は対岸の火事ではない 

40代独身OLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

なんとなくいきいき素肌になるケアの要点を調べてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美容効果を目当てとしたヒアルロン酸は、保湿作用を基本概念とした化粧水や美容液などの基礎化粧品や健康食品・サプリなどで有益に使われたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注射という美容治療としても活発に用いられています。

近頃の化粧品関係のトライアルセットとはおまけの形で配布される販促品なんかとは違って、スキンケアの効き目が実感できる程度のほんの少しの量を比較的低価格設定により売り場に出しているアイテムなのです。

プラセンタ美容液と言えば、老化防止効果や絶大な美白効果などの特化した効能を持つ印象がある美肌用の美容液ですが、毛穴まで拡大したニキビの炎症を抑制して、ニキビ痕対策にも明らかに有効と最近人気になっています。

肌の表面には、硬いタンパク質より構成された薄い角質層が覆うように存在します。この角質層を形成している細胞と細胞の間にできる隙間を充填しているのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の主成分です。